欠けた月の裏

ただただ君が好き

Re:Re:ガチ恋とは~いちいち答えるその2~

ガチ恋アンサーソングにいちいち返事するシリーズ、第二回です!

第一回はこちら!

yorumushi.hatenablog.com

一日に二個も記事書くの初めてかもしれない。ドキドキ

いちいち返事してますがやっぱり自分語りばかりなので要注意。

さっそく行ってみよう!ソイヤッ

 

pppi1.hatenablog.com

 

推しさんの好みに合わせる気満々なのに好みの髪型とか服装教えてくれなくて泣いてる。 嘘です。泣いてはいないです。教えてくれないのは本当なのでばんばん自分の好きな系統のお洋服買ってます。 でもまぁ自分の好きなお洋服着るのがいちばん楽しいですよね!

ゆるおただと言い聞かせるおたく - I'm thinking out loud.

 わかります~~~(泣いてる)

私の本命さんは「ご自身に似合っているのが一番です^^」とかいう模範解答をいつもされるので、全然参考にならない!!そんなところが!!大好きです!!

なので私も好きな系統のお洋服買ってますし、好きなお洋服着るのがいちばんですよね!で、「似合っている」のが良いのなら、似合わせてみせましょう乙女道。

そうじゃないって自分で言い聞かせているっていうのは正直ありますね。 だって推しさんにガチ恋するの本当につらそうなんだもん!!! 今でさえしんどい、つらい、しにたいって病み散らしているのにガチ恋だって自覚しちゃったら本当に死にそう。 もう手遅れ感あるけど!ガチ恋じゃないってことにさせてください! 自分でゆるおただって言い聞かせてます。頑張ってます。

ゆるおただと言い聞かせるおたく - I'm thinking out loud.

 わかります~~~(涙雨)

最初の記事で「ガチ恋と認めると楽になる」と謎の先輩風を吹かせて説いてみせた私ですが、確かに認めてしまうとそこから始まるのはまた違った、ガチ恋としてのつらさなんですよね。「自分でゆるおただって言い聞かせる」ことは大事だと思います。私の場合は応援スタンスはゆるおただって言い聞かせることにしてますね。いくらほぼ全通をしたってそれは全通ではないし、入れない公演が一つでもあるのは悔しいですもん……。なのでガッツではなくてゆるおたなんだと思っています。

推しさんに対してすっごく夢を見てしまっているのでオフの推しさんがどういう人なのか知らないけれど、多分幻滅してしまいそう。やだ~現実なんて見たくない!

ゆるおただと言い聞かせるおたく - I'm thinking out loud.

 前回の記事で「俳優としての推し」のその先を知りたいかどうか、に触れましたが、そうか、幻滅してしまうということもありうるのか……。

私はいっそ幻滅でもしたいタイプですね。夢もそこまで見ていないのですが、もし幻滅できるもんならしてみたいです。

「フラれたい」発言にもかなりの「え~!?」をいただいたんですけど、この考え方も多分一般的なガチ恋の考え方とは少しズレてるんだろうなと。(一般的なガチ恋とは)

とここで急に言い出しますけど、いつもブログ拝見してて共感できることが多いので、お友達になりたいです!(私信)

 

happygolucky0523.hatenablog.com

タイトルからして素敵ですね!

あと、やばいなーと思ったのは聞く曲が変わったこと。通勤時の音楽が結構心情を表してるんですが、最近はずーーっと推しさんのCDを聞いていたのですが、ここ数日は片思いソングばっかりです!やばい!!

恋に落ちたのはほんの一瞬で - 思い出す必要もないくらい覚えてる

 わかります~~~!!!

片思いソング聴きがち説……。私の場合は片思い通り越して失恋ソングとか、はたまた相手が死んでしまった曲とかさえ聴いてしまいますね……。これも多分一般的なガチ恋とはまた違う趣味嗜好なんだと思いますけど……(一般的なガチ恋とは)

『期待なんて言葉は 忘れてしまった 何も感じない 日常を泳いでた そしてあなたが 目の前現れた』 -----金魚すくい藤田麻衣子) 『目の前で笑う君が 本当でも嘘でも 私は全て それが真実で 出会う前なら わからなかった』 -----恋に落ちて (藤田麻衣子) 『たった一人 運命の人がいるなら あなたがいいのに あなたほど好きになれた人はいないの ねえ見抜いてほしい』 -----運命の人 (藤田麻衣子

恋に落ちたのはほんの一瞬で - 思い出す必要もないくらい覚えてる

 こちらの文章に死ぬほどスター付けさせていただきました、すみませんでした。

めちゃくちゃ素敵で、共感しかできなくてつらかったです。

> 『目の前で笑う君が 本当でも嘘でも 私は全て それが真実で 出会う前なら わからなかった』 

ここにグッと来てしまいました……。

私の好きな歌詞を引用させていただくのですが

優しく笑ってるのに 本当も嘘もないんだろう
嬉しいフリが得意気 宛ら操り人形
何想い焦がれても 過ぎ去って 過ぎ去って今更

こういうこと考えちゃうんですよね。いくら接触で目の前で微笑んでいても、本当も嘘もないし、たとえば「嬉しい」って言ってくれたことですらその場では沸くけど、きっと本当でも嘘でもないんだろうって。何想い焦がれてもってなっちゃうんですよ。

『たった一人 運命の人がいるなら あなたがいいのに あなたほど好きになれた人はいないの ねえ見抜いてほしい』

あーーーーーーーーー!(わかりみすぎて語彙力をなくす)

泣きそうです。『思わせぶりな赤い糸なの、どうぞこのまま絡まるままに それとも針でこの穴繕って塞いでよ』……!!

わたしのこのモヤモヤした気持ちは、恋してる時特有の、相手に理想を求めすぎてしまった結果なのかなと。わたしは推しさんが好きだし、舞台に立ってスポットライトを浴びる推しさんを観てわくわくしたいし、イベントでは役を離れた姿にドキドキしたいし、片思いを続けたいです。だからこれからも舞台にもイベントにも足を運びます。 恋に落ちたのは一瞬だけど、できればこれからもずっと恋させてほしいなって思います!

恋に落ちたのはほんの一瞬で - 思い出す必要もないくらい覚えてる

 私の場合は理想を求めすぎてるわけではないかなと勝手にいちいち返事をします。

ですが、舞台にいる好きな人を観てわくわくしたいし、ドキドキしたいし、片思いを続けたいです!『恋に落ちたのは一瞬だけど、できればこれからもずっと恋させてほしいなって思います!』って素敵なフレーズですね……。私もそうでありたいです。

 

yyyyyx.hatenablog.com

トトロっていいよね。わたしもトトロに抱き着きたい。もふもふしたい。

初っ端のこの一文でまず和みましたよね。いいよね。もふもふしたい。

「好きな人いるの?」と聞かれれば推しくんの顔を思い浮かべます。そしてその反応を見て「いるんだ~?」とにやにやされても「い、いないよ…ほんとだよ…!」と内心冷や汗かきつつ必死の否定。

恋だけどー!恋じゃなかったー! - もしも逃げてしまえば

 ですよね~~~。「い、いないよ……」って必死になりますよね。一般人相手にこの話するの本当冷や汗かく!

何をしてても推しくんのこと考えてます。24時間365日、寝ても醒めても。たまに夢にまで登場してくれるから起きた瞬間に笑っちゃう。年中無休で推しくんが好きです。大好きです。愛してます。

恋だけどー!恋じゃなかったー! - もしも逃げてしまえば

 『年中無休で推しくんが好きです。大好きです。愛してます。』って良いフレーズだなぁ!!年中無休!!いいなぁ!!私も本命さんのこと、年中無休で愛してます!!

どうでしょう、ガチ恋診断面白いくらいすべてに当てはまりました。しかし、わたしはガチ恋ではありません。「ガチ恋ではない芸」ではなく、本当に完全に嘘偽りなく確実にガチ恋ではないのです。大事なことなのでもう一度言っておきます、わたしはガチ恋ではありません。

恋だけどー!恋じゃなかったー! - もしも逃げてしまえば

 って違うんかーーーい!!すべてに当てはまったのに違うんかーーーい!!

と読み進めていくとなるほどな~~~って納得しましたので、もしいまこれを読んでくださっている方がいればぜひ全文を読んでいただきたいところです。

だけど、わたしは推しくんのすべてを知っているわけではありません。推しくん(と事務所)が「ここまでなら見せても大丈夫だな」と判断した、推しくんのたった一部分だけしか知りません。しかしそれは舞台に上がる人間、“芸能人の推しくん”のすべてです。推しくん本人のことは一部分しか知らないのに、芸能人の推しくんのことならわたしはなんでも知っています。知ることができます。そしてその一部でしかない“芸能人の推しくんのすべて”を見て、わたしは「推しくんが好き!」と言っているのです。

恋だけどー!恋じゃなかったー! - もしも逃げてしまえば

 ここでも出ますね、「対象のその先」の話。そうですよね、私も対象に恋はしているものの、それはたった一部分を見て好きだ恋している愛しているなどと思っているわけです。

偶像相手でも恋しようと思えば出来ます、が、それをするにはわたしはあまりにもリアリストすぎました。向いてない。そもそもしようとも思わなかった。それだけの話です。

恋だけどー!恋じゃなかったー! - もしも逃げてしまえば

 「偶像」については引用元をご参照いただければと思います。そうですよね、偶像崇拝でしかない、そこに恋愛感情を持ってきてどうすんねんという問題がガチ恋には付きまといます。『リアリスト』か。そうですね、私はリアリストではないです。確かに。

引用元の狂気のガチ恋先輩・夜さん*8は、恐らくこちらの一節を「わたしなんかが推しさんと付き合おうだなんておごがましい…!」という否定を想定して書かれたのだと思いますが、わたしの場合は「あの推しくんと上手く付き合っていける訳がない!あんな面倒な性格してるのに!わたしとは絶対に合わない!」という否定です。

恋だけどー!恋じゃなかったー! - もしも逃げてしまえば

 はい、「私なんかが」想定で書きましたが、そうかそういう否定もあるのか!(目からうろこ)

でも確かに!今後記事にしたいと思っているのですが、私には一度ガチ恋を脱却した過去があるんですよ。そのガチ恋のときは「絶対うまくいかない!」とも思っていたので……ってなんか多分違うな。違う話ですね。すみません。

「いやいや私は絶対ない!推せるから推してるだけで、恋愛対象は全然タイプ違う!ありえない」ってなった方は、ガチ恋ではないですね。

ガチ恋とは - 欠けた月の裏

 と、初回の記事に書いたのですが、恋愛対象とは全く逆だったりするけど推し!というスタンスの方もかなり多いと思うので、そのあたりも難しいところですね。

というかいろんなエントリで触れていることなのですが、プレゼントの値段がどうとか、好きの度合いがどうとか、他人には測りしれないことをいちいち否定して叩く人種というのがたまにいるのですが、それぞれのスタンスを保ってればいいじゃん!というのは大前提としてあります。

それをふまえた上であえてガチ恋について触れてみたところ、こうして色んなご意見をうかがうことができてありがたい限りです。

「ぜっっっってえ嫌だ!!!付き合いたくねえ面倒臭ぇあんなやつ!!!!!」でした。もう瞬殺で答えは出ていたのです。はいおめでとう!わたしガチ恋じゃない!やっふー!

恋だけどー!恋じゃなかったー! - もしも逃げてしまえば

 羨ましくって輝いて見えるぜ!!

私もそんな相手が推しだったら楽に推し事ができていたのかもしれない。

 

mb-l.hatenablog.com

結論から言うとわたしは「半ガチ恋」かなと思います(逃げ)

ガチ恋アンサーソング - シナプス

 良いと思います!半ガチ恋!!

f:id:yorumushi:20171206193733j:plain

例によってちさとさんのフリー素材お借りしてます。

半ガチ恋って幸せだと思います!!つらくなく、でも恋の楽しさも享受できる感じ。良いな半ガチ恋。半ガチ恋を経てガチ恋を脱却したい。うそですできません。

もともとあまり恋をしないタイプっていうのもあるんですが、ちょっといいな~気になるな~って思う人がもしできたとしても、その相手が自分に興味を向けてくれた瞬間に即冷めます。自分でもドン引きするくらい冷めます。というかむしろ気持ち悪いとすら思います。だから誰かと両想いになったことがないです。好きになられた瞬間にわたしの方からは嫌いになるので。

ガチ恋アンサーソング - シナプス

 

なぜそういう風に思ってしまうのかは自分でもよくわからないし、それについて考えるとまた別の話になってきてしまう気がするので割愛しますが、基本的に「手の届かない人」が好きなんですよね。推しもそうだし、若手俳優の舞台にちょこちょこ足を運んでいたのも、女性男性問わずアイドルが好きなのも全部そういうことです。多分。永遠にわたしのことを見てくれない相手になら、わたしも恋ができるんです。

ガチ恋アンサーソング - シナプス

 なるほどそういうこともあるのかと(大の字)

>永遠にわたしのことを見てくれない相手になら、わたしも恋ができるんです。

そういう恋のスタンスもあるんですね……(目からうろこ二枚目)

そしたらそれこそ半ガチ恋の状態って幸せですね。

けど、わたしが推しに夢を見ていた間に推しは現実世界を生きていたんだなぁという事実につらくなるだろうな~。わたしのことを見てくれなくても好きになってくれなくてもいいけど、一緒に夢の世界で生きていてほしいんです。でもこれってすごく残酷なことを言ってますよね。推しには推しの人生があるし、推しの好きなように生きてほしいし、推しに幸せになってほしいって思う気持ちも自分の中では本気なはずなんですけど、「もしも」を考えるとどうしてもそうなってしまう…。

ガチ恋アンサーソング - シナプス

 これは「もしもカノバレとかしたら」について書いてくださった中からの引用なのですが、そうか、やっぱり「夢は見るもの」なのかもしれませんね。散々私は夢見てないよって書いてきましたけど、私も私でどこかしらで夢を見ているのかもしれない。

前回の記事で「ガチ恋じゃないけどカノバレは嫌だ」ということについて気になっていると書きましたが、この「夢を見ている」という状態の人がおたくには多いのかもしれない。自覚しているかはともかくとしても。

みなさん成田美名子先生の「CIPHER」って漫画読んだことありますかね?ジェイクとロイという双子の話なんですが、ふたりが離れ離れで暮らすことになったとき、ロイが「一瞬ジェイとのことを忘れてたな」「忘れてたって気がつくのは その間以外はいつでも頭にあるからだ」って思うシーンがあるんですよ。わたしも推しに対してそうなることがあります。そういうことです。(どういうこと?)

ガチ恋アンサーソング - シナプス

 順番前後して申し訳ないですが、この漫画読みたい!って思いました。

>「忘れてたって気がつくのは その間以外はいつでも頭にあるからだ」

これ、あるある!って思いました。そういえば忙しすぎて本命さんのこと考えてなかったや、今頃は稽古かな~取材とかかな~みたいなときがよくあるよくある。

好きな人はいつでも頭に常駐するものですね。これを書いている今でも私の頭は本命さんのことでいっぱいです。好きだなぁ。

まあごちゃごちゃ考えてはみましたが、とりあえずガチ恋でもガチ恋じゃなくてもわたしは推しが好きだな!っていう結論に落ち着きました。結局ガチ恋アンサーになってねえ!!

ガチ恋アンサーソング - シナプス

 しっかりガチ恋アンサーとして受け止めました!!ありがとうございます!!

私信ですが、いつも楽しく拝読しておりますので今後共よろしくお願いします。(?)

 

 

これまた長くなってしまいました。3つで終われるか自信がなくなってきましたが、第二回はここまでとさせていただこうと思います。

 

今日も月が綺麗だといいな。月を見ると、あなたのことを思い出してしまいます。最後にポエミー!

 

~続く~